久保田洋司でグラントシロカブト

4月のはじめ週間目の週末はイースターだ。USAやキリスト教圏の領域であれば、一般的にいらっしゃるお催しでキリストの復活祭になります。元々海外に住んでいたのでイースターは欠かせない行事で必ずやエッグハンティングをしたり、イースターバニーのチョコレートを買ったり楽しんでいました。日本にイースターがいまひとつ浸透しておらず悲しかったのですがここ数年はハロウィンのように極めて浸透してきたと思います。
今年はイースターに対する外側も数多く発売されていたので、イースター集合を仲良しの傍らと解き放ちました。
玉子を色々なコントラストに染めたり、広間をお花で飾って春くさいカラーに染めました。
コントラストを付けた卵はサラダの中に隠して、エッグハンティングのようにして、傍らって卵を見い出しながらサラダを食べました。
今までは日本の春ではお花見が一番の魅力でしたが、今年はイースターも楽しめたので充実した春ですなぁと思いました。
まだ式事が上限なので春を楽しんでいます。

久保田洋司でグラントシロカブト

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です